バイアグラが服用できない人とは

スプーンの上に乗っている緑のカプセル

バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラゴールはED症状の改善に非常に効果的な薬であり、世界中で多くの人が利用してきている薬です。
ただこれは「誰でも利用できる」というわけではなく、処方に際しては必ず服用しても問題ないかどうかがチェックされることになっています。
ではどういった人はバイアグラが服用できないのかと言うと、まず過去にバイアグラを飲んでアレルギー症状を引き起こした人は不可能です。
バイアグラに対してアレルギー症状が出たということはこの薬の成分自体が体質に合っていないわけですし、二回目のアレルギー症状はより強く出ることもありますからまず処方してもらえません。
次に狭心症発作などを抱えていて硝酸剤や一酸化窒素供与剤を常用している人に対しても処方は出来ないとされています。
ニトログリセリンが最も代表的な薬となりますが、こういった薬は血管を拡張して血圧を低下させることで心臓病発作から身を守っています。
しかしバイアグラにも血管拡張作用はありますから、二つの同じ効果を持つ薬が併用されることで血圧が危険域まで低下するリスクに繋がってしまうのです。
実際過去にはこれで死亡事故が起きているため、特に注意が必要だと言えます。
またこの他には重度の肝機能障害を抱えている人、もともと低血圧と診断されている人も処方が出来ず、過去6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血・心筋梗塞のいずれかを引き起こした人、心血管障害を有していて性行為自体が困難である人にも処方はされないのが普通です。
ただかなり条件が多いようにも見えるでしょうが、実際には「これまで特に大きな病気をしたことは無い」と言える人であれば、大体が服用できる人だと言って良いでしょう。
もともとバイアグラは病院で処方してもらう薬となっていますから、気になるようであればED専門クリニックなどで相談をしてみてください。他にもザイデナなどがお勧めです。ザイデナは第4世代のED治療薬でアジア人向けに合うように作られた薬ですので、バイアグラよりも安心してお使いいた抱けると思います。